VOL.108 「におい」の研究がノーベル賞!!

今回ご紹介するアロマの歴史は、ノーベル賞にまつわるエピソードです。

 

実は「におい(香り)」をテーマとした研究が過去、
ノーベル賞を受賞しているんです! 

 

アメリカのコロンビア大学のリチャード・アクセル教授と、
フレッド・ハッチソンがん研究センターのリンダ・バック博士の共同研究

『嗅覚システムの組織とにおいの受容体』

が、2004年のノーベル医学生理学賞を受賞したのです。

 

この研究を簡単に説明したい……
ところですが、さすがノーベル賞を受賞するだけの研究です。
そうそう簡単には説明できない!(笑)

かなりざっくり要約すると、

人々がどのように「におい」を識別して記憶するか

を解明した研究のようです。

 

実はヒトの五感のなかでも、嗅覚はあいまいなものとされていました。
分類自体があいまいであると同時に、視覚や味覚とくらべて多種多様で、その数は数十万種類と膨大な数になるのです。
くわえて匂い物質は、分子量30から300程度までの低分子化合物。
これらの数値だけみても、においにまつわる感覚や物理的な変化が、多様すぎることがわかりますよね。


しかし、「それほどになるまで」においを感じ取る力がヒトには必要だったということでもあります。
先の研究によってわかったことなのですが、嗅細胞におけるにおいの受容体を作る遺伝子の数は、すべての遺伝子の約3%も占めていることが発見されたのです。

 

3%というと小さな数字のように感じますが、
膨大なるすべての遺伝子のなかの3%が

においの受容体を作る遺伝子」

なので、

ヒトは「生きていくため」に匂いを感じ取る力


を持たないといけなかったことが、
わかりますよね。

 

香りと脳のしくみはとても密接でいて、その解明はまだ未知数。


これからもさまざまな研究により、新しい発見が出てくるのでしょうね。

とても楽しみです。

 

(島みるを)

VOL.107 香りが脳に与える影響を、科学として証明した日本人

これまで海外の香りの歴史、重要人物をご紹介してきましたが、
今回はいよいよ日本の香りの権威のご紹介です!

 

東邦大学名誉教授の鳥居鎮夫氏(1924-2012)は、
日本アロマテラピー学術研究において、先駆者的存在の人物。

 

大脳生理学の権威である鳥居氏は、

『随伴性陰性変動(CNV)』

と呼ばれる特殊な脳波を用いて、香りによる心理作用を実証しました。

 

CNVというのは、わかりやすく例えると…

信号を「早く青信号にならないかなあ」と待っているとき
前頭葉の働きが活発になるそうで、そのときに出てくる脳波

……とのこと。

 

脳波が大きくなると「興奮状態」小さいと「鎮静状態」を表すそう。

 

この実証により、

ジャスミンやバジル、ローズ、ペパーミントは脳が「興奮状態」

ラベンダーやカモミール、レモンは「鎮静状態」

になることがわかりました。

 

 

 

これまで、経験値として

 

「この香りは落ち着くなあ、
この香りはやる気がでるなあ」

「なんか、この匂いは気分が
良くない…」

 

 

とぼんやりと思われていたことを、科学として証明した
ということですね。

 

鳥居氏の著書には

『アロマテラピーの科学』
(朝倉書店)

『香りの謎』
(フレグランスジャーナル社)

『嗅脳—嗅脳刺激で感情コントロールの達人になる!』
(イーハトーヴフロンティア)

など、香り好きにとって面白そうなものがあるので、
興味がある方はぜひお手にとってみられてはいかがでしょうか。

 

(島みるを)

第37回 アロマテラピー検定

上位資格や専科コースへの入り口アロマテラピー検定の申込みが
始まりました。

検定は11月5日(日)

 

今からの勉強で十分に間に合います。

 

 

アロマを知りたい

アロマを生活にとり入れたい

そんな方はぜひ挑戦してみませんか?

 

 

 

 

 

検定の申込書やテキストはアロマライセンスカレッジでも
お取り扱いしています。

また、検定対応コース(アドバイザーコース 35,000+税)もございます。

ひとりで勉強するのは難しい方や実習も楽しみたい方はご検討下さい。

 

検定合格後の手続きがわからない…
専科コースや上位資格を目指したい…
アロマライセンスカレッジでは随時スクール説明を行っています。

詳しくはアロマライセンスカレッジ( 096-383-0001 )まで
お問い合わせくださいませ。

暑~い夏がやってきた🌞

8月5日(土)は1Dayアロマ講座でした。

 

 

今回のテーマはジェルキャンドル!!

夏休み真っ只中のお子さんたちが
たくさん遊びに来てくれました😄

 

 

 

 

 

 

瓶の中に
カラーサンドや貝殻、お花…
好きなものをたくさん入れて
自分たちの

🌞 夏 🌞

を作りました。

 

 

 

アロマライセンスカレッジでは随時スクール説明を行っています。
詳しくはアロマライセンスカレッジ( 096-383-0001 )まで
お問い合わせくださいませ。

夏休み香育~花園公民館~

毎日毎日、暑いですね~

夏休みももう10余日過ぎました。

昨日は花園公民館で親子アロマ講座を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AEAJのかおりのはなしを使ってまずは

「香り」のお勉強。

精油だけではなく、ハーブも使って

楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業生セラピストや現在セラピストを目指して頑張っている
インストラクターの皆さんも今日は『先生』として大活躍!!

 

 

 

後半は…

子どもたちは「ねんどせっけん」

ママたちは「ルームスプレー」

を作りました。

 

 

おうちに帰って使うのが楽しみですね。

たくさんの皆さん、ご参加ありがとうございました。

暑い夏に負けずに夏休みを楽しんでくださいね。
(宿題も頑張るんだぞ~)

 

 

 

VOL.106 アロマテラピー研究と教育の先駆者『ローバト・ティスランド』

前回の『シャーリー・プライス』とともに、アロマテラピースクールの

先駆者のひとりとされている『ロバート・ティスランド』。

 

ロバート・ティスランドは、1969年にセラピストとして

アロマテラピーの実践を本格的にはじめました。

その後、1974年には精油とアロマセラピー製品の会社を設立した人物。

 

1977年には著書

『The Art of Aromatherapy

(アロマセラピー<芳香療法>の理論と実際)』

を出版。現在では10カ国語に翻訳され、世界中で出版されています。

 

1978年には『The Tisserand Institute』を創設し、

アロマテラピーの研究と教育を行うスクールを開校。

ここからたくさんのアロマテラピストが誕生し、

現在も世界中で活躍しています。

またロバートの著書で、

改訂版が出版された

『Essential Oil Safety

(精油の安全性ガイド上・下巻)』

は、300種以上もの精油の安全な

使用法に関する一冊です。

 

この著書は、アロマセラピー界の安全ガイドラインとなり、

アロマセラピストのバイブルともなっているのです。

 

『ロバートティスランド』ブランドの製品は、

動物実験を一切行わず

植物成分のみを使用していることで、

現在も世界中に愛されているプロダクツ。

 

アロマテラピーを愛する人たちの間でも、憧れのブランドなのです。

 

(島みるを)

おひさしぶり&はじめまして♡

セラピスト実技の田上講師が久しぶりにアロマライセンスカレッジへ遊びに来てくれました。

2月に誕生した姫(利巧菜~りこな~ちゃん)と一緒でした!!

 

 

素敵🌞な笑顔に癒されました💞

 

 

 

 

 

 

3人のおにいちゃんたちにソックリですが、やはり女の子。

やわらか~い

 

 

 

スタッフも抱かせてもらいました

 

 

 

 

初めての女の子で田上講師はお洋服選びが楽しいそうです😍

 

利巧菜ちゃん、また会いに来てね

 

 

 

 

VOL.105 ある女性の思いから…

現在では、世界中に開設されている「アロマテラピースクール」
このスクールの大きな立役者となったのが、

『シャーリー・プライス』

という女性です。

 

シャーリーはもともとは美容室を営んでいました。
しかし、母親がリウマチに苦しんでいる姿を見て

「どうにかしてあげたい」

という思いから、アロマテラピーに興味を持ち始めます。

 

最初は美容室のお客さんに、自分で配合したオイルクリームを
提供しただけでしたが、それが口コミで広がって大評判に。

 

評判もあって、彼女は家族とともに本格的なアロマテラピースクールを
開校することになったのです。
最初は自宅からはじめた小さなスクールだったのですが、結果的には
9カ国で開校するほどの展開を見せました。

 

2000年まで校長を務めていたシャーリーですが、年齢的なことを理由に
会社を売却し、第一線から引退します。
このとき、自分の名前を商号・ブランド名にして、その権利を他人に
譲ったため、自分の名前では仕事ができなくなってしまった彼女……。

 

現在はシャーリーの娘『ペニー・プライス』が
経営する『ペニー プライス アカデミー』を手伝っているのだそうです。

 

確かに、シャーリー・プライスと検索すると、ブランド名または娘のペニー・プライスの名前が多くヒットします。

 

 

シャーリーの名前はブランド名以外ではひっそりとしてしまい、本人の活躍がブランド名の陰に潜んでしまったのは、なんとも皮肉なこと……ですね。

 

 

(島みるを)

VOL.104 マルグリット・モーリーが開発したこと

ルネ・モーリス・ガットフォセ、ジャン・バルネと並び、

「近代アロマテラピーの建設者」

と称された女性、マルグリット・モーリーをご紹介します。

 

マルグリット・モーリーは、

精油を植物油で希釈して塗布する(トリートメントを行う)」

という手法を世の中に広めた人物です。

 

オーストリア生まれウィーン育ちのマグリット・モーリーは、

第一次世界大戦中に、父親・夫・息子を立て続けに亡くしました。

その後、失意のどん底から立ち直るために、マグリット・モーリー

外科助手(看護師資格のひとつ)の資格を取得します。

 

外科医のもとで働いていたマグリット・モーリーは、

フランスのシャバーヌ博士の著書

『芳香物質の大いなる可能性』

と出合います。この一冊が、彼女の研究の基礎となったのです。

 

のちに、ホメオパシー医のモーリーと二度目の結婚をした

マルグリット・モーリー

ホメオパシー(同毒療法)、自然療法、整骨療法など、

ホリスティックな研究を夫と共同で進めていきました。

 

またインドや中国、チベットの伝統的な医学や哲学も研究しました。

 

そのなかで、精油を植物油で希釈した

トリートメントオイルを開発。

そのオイルでのマッサージを

提案していきました。

これは、これまでの精油の扱われ方とは

異なり、精神と肉体のアンバランスを

正常化する方法論でした。

 

1961年には研究の結果をまとめ、

生命と若さの秘密(別名:もっとも大切なもの……若さ)』を出版。

のちに英訳されて、イギリスで高評価を得たマグリット・モーリーは、

イギリスのアロマテラピー界に大きな影響を与える人物となりました

 

マグリット・モーリーがいなかったら、現在のアロマテラピーの

サロンは存在しなかったかもしれない……。

 

アロマテラピーを健康だけでなく「美」につなげていったことが、

マグリット・モーリーの大きな功績といえるでしょう。

 

(島みるを)

VOL.103 アロマテラピーをはじめて医療に活用した人物とは

フランスの軍医ジャン・バルネ

“医師”という立場で、精油を医療現場に本格的に導入した人物です。

 

彼は、前回ご紹介したルネ・モーリス・ガットフォセと並び、

近代アロマテラピーの発展に貢献した重要な人物です。

 

ジャン・バルネ(1920〜1995年)

本来、外科が専門でしたが、微生物学や衛生学、法医学など幅広い領域を

研究していた医師でもありました。

 

1950年代に現在のベトナム・ハノイ市にあたるトンキンに駐留し、

負傷兵の治療に当たりました。

 

このとき、フランスから持ち込んだラベンダーや、オーストラリアから

送られたティートゥリーなどの精油を、傷をおった兵士たちの

治療用として活用したのです。

実験的には、ルネ・モーリス・ガットフォセが行っていましたが、

医療に精油を本格的に導入させたのは、ジャン・バルネが初めてです。

 

この時の成果は1964年の『AROMATHERAPIE』にまとめられました。

 

これまでアロマテラピーは呪術など非科学的なものとしてイメージされることが多かったのですが、ジャンはアロマテラピーを「科学的」に扱い、実際の医療現場に活用する方法を人々に啓蒙していったのです。

 

1973年には精油の抗菌力を測定する手法を開発し、

それを『アロマトグラム』と名付けて発表しました。

 

現在は、アロマテラピーを治療の一環として行うクリニックがあります。

これもジャン・バルネが切り開いた道なのだと思うと感慨深いですよね。

 

(島みるを)